/* * headに挿入するエリアです * モバイルアンカー広告のスクリプト等 */ ?>

大学受験 英語

ターゲット1900の正しい使い方!【”京大模試一位”の京大生が教える】

更新日:

 

「ターゲット」シリーズは、数ある英単語帳の中でも、特に有名なものの一つです!

でも、「単語帳では単語が覚えられない!」「覚える量が多すぎる!」等皆さん不満があると思います。

そこで、今回はその中でも「ターゲット1900」についての、【正しい】【効率的な】使い方を

1.どこを覚えればいいのか?

2.どのくらいのペースで進めるか?

3.復習は?

の3つの項目から解説していこうと思います!

ターゲット1900の正しい使い方

どこを覚えればいいのか?

まずは、「どこを覚えればいいのか?」についてです。

この本は、partが1、2、3と3つに分かれています。

なので、まずは、part1を覚えるところから始めましょう。

「じゃあpart1の内容を全て覚えよう!」となると思いますが、それは間違いです!!!

この記事を読んでいる人は、おそらく暗記の苦手な人が多いと思います。(

僕もそうでした)

そんな人は、まずは「一語一義」をモットーに!

一つの英単語につき一つの意味だけを覚えていきましょう!!!

 

もともと知っていた英単語については、ついつい全部の意味を覚えようとしてしまいがちです。

「まずは、できるだけ多くの英単語を覚えること」が、この単語帳での目的なので、深追いはしないように!!!

どのくらいのペースで進めていくか?

次は、「どのくらいのペースで進めていくか?」についてです。

この「ペース」は、人によるところも大きいので一概には言えないかもしれません。

しかし、まずは100語を3日で覚えてみることから始めましょう!

「ちょっとしんどい!」と思うかもしれませんが、これくらいは頑張ってみてほしいです!

後から忘れていくのは、しょうがないことです。

それでも、まずはその3日間で100語それぞれの1つの訳だけでいいので100%暗記を目指しましょう!

それができれば、次の100語へ、という感じで進めていってください!

復習は?

最後は復習です!

人間、誰しも覚えたものは忘れていくものです。

なので、復習は本当に大切です。

復習も100語単位でやっていくのが良いと思います。

最初に取り組んだ後、1週間後くらいにもう一度、覚えているかテストをするのが非常に有効です。

つまり、新たな100語と、復習での100語の200語に取り組み続けるようになるわけです!!

この方法で復習を行っていけば、忘れにくい知識をつけていくことができます。

まとめ

ここまでターゲット1900の正しい使い方を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事でまとめた3つのステップを踏んで、「ターゲット1900」で英単語を効率的にマスターしていってください!

このブログには、皆さんの受験勉強がうまく内容が詰まっています!

ぜひ他の記事も見ていってくれると嬉しいです!

 

この記事はここで終了です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

-大学受験, 英語
-

Copyright© とある京大生の日記目録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.