/* * headに挿入するエリアです * モバイルアンカー広告のスクリプト等 */ ?>

大学受験 英語

英単語帳のおすすめ3冊!【”京大模試一位”の現役京大生が教える】

更新日:

 

「英単語を覚えていかないといけないんだけど、どの単語帳がいいかわからない!」

という受験生、多いと思います。

 

そこで、この記事では、”京大模試1位”の実績のある僕がおすすめの単語帳を紹介していこうと思います!!

英単語帳の重要性

受験生の皆さんは高校や塾予備校で英単語帳を使うように言われているとは思いますが、実際にしっかりと活用できていますか?

現在の大学受験では、共通テストレベルに達するためには5000語程度、難関大学では6000~7000語程度覚える必要があると言われています。

高校受験ではせいぜい1500語程度しか覚えないため、大学受験ではかなりの量の英単語を覚えていかなければならないのです。

そのため、効率的に英単語を暗記していくためには英単語帳は必須となってきます。

 

英単語帳の落とし穴

ここまでで、英単語帳の必要性は理解できたと思います。

しかし、ここで多くの受験生が陥ってしまう落とし穴があります。

それは「いろいろな単語帳を使う」ということです。

「単語帳をやればやるだけいい!」と考えて、多くの単語帳に取り組む受験生はどの単語帳も不十分に終わってしまい、結局確固たる知識は付かないままになってしまいます。

そうならないためにも、まずは「単語帳1冊を完璧にする」を目標にして、使う英単語帳は1冊、多くても2冊にとどめておきましょう。

 

おすすめ英単語帳

ターゲット1900

まず紹介するのは、犬の表紙でおなじみの「ターゲット1900」です。

この単語帳は歴史も長く、長年受験生に愛用されています。

実際に、僕も受験生時代に使用していました!

この単語帳は「一語一義」をコンセプトにしており、シンプルな見た目なので、他の単語帳よりもサクサク暗記していけます。

多義語などには対応しにくいのが欠点ですが、「暗記なんてしんどい」という感じの受験生にはまずはこの一冊から手を付けるのが良いのではないでしょうか?

システム英単語

続いて紹介するのは、「システム英単語」です。

この単語帳もかなり有名なもので、多くの受験生が持ってますね。

「システム英単語」は「ミニマルフレーズ」で覚える、というのが特徴です。

まあ簡単に言うと、単語だけではなく、その前後の文章もまとめて覚えてしまいましょう、というものです。

この「ミニマルフレーズ」で覚えていくことで、単語の実際の使い方も一緒に覚えていくことができるのです。

その反面、上で紹介した「ターゲット1900」よりは暗記量は多くなってしまいます。

暗記が得意な人や、根気のある人には「システム英単語」がおすすめです!

 

鉄壁

最後に紹介するのは「鉄壁」です!

この単語帳は、東京大学や京都大学といった難関大学を目指す人向けの単語帳になります。

「鉄壁」の特徴は、何と言っても情報量の豊富さです!

先ほど紹介した「ターゲット1900」とは正反対に、一つの単語に対して様々な訳が付いており、単語の知識を確実なものにできます。

その分、量は膨大ですので、取り組む際はスケジュールに余裕をもって取り組んでください。

僕としては、「ターゲット1900」もしくは「システム英単語」のどちらかを一通り終わらせた後に使い始めるのがおすすめだと思います!!

まとめ

ここまで、おすすめの単語帳を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

これらの単語帳を完璧にして、合格をつかみ取りましょう!!!

 

この記事はここで終了です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

-大学受験, 英語

Copyright© とある京大生の日記目録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.