/* * headに挿入するエリアです * モバイルアンカー広告のスクリプト等 */ ?>

大学受験 数学

青チャート・黄チャートのレベルの違いは?志望校別使い方徹底比較!【京大生おすすめ】

更新日:

 

チャート式って色々な種類があるけど、どれを使えばいいかわからない!

黄チャート、青チャート、結局どっちがいいの?

 

そんな悩みにこたえるため、この記事では、青チャートと黄チャートを徹底比較していきます!

黄チャート、青チャートのレベルを比較

 

まずは、両方のレベルを比較していきましょう!

 

まず、チャート式は問題のレベルが、

1(超基礎レベル)

2(基礎レベル)

3(標準レベル)

4(難関レベル)

5(最難関レベル)

の5段階で表されています。

そして、どのレベルの問題が多く収録されているかで、色が分けられているのです。

 

黄チャート


 

黄チャートは、5段階のうち、2~3レベルの問題が多く含まれています。

そのため、黄チャートに取り組むことで、基礎レベルの問題には対処できるようにはなります!

しかし、4~5の問題はあまり収録されていませんので、難問への対策は「黄チャート」では少し厳しいでしょう。

 

青チャート


 

青チャートは、5段階のうち、3~4レベルの問題が多く含まれています。

そのため、青チャートに取り組むことで、基礎からある程度の難問までには対処できるようになるでしょう。

しかし、1~2レベルの問題はほとんど収録されていませんので、初学者にはけっこう厳しい内容となっています。

 

黄チャート、青チャートの分量の違い

次は、分量を比較していきます!

 

黄チャート


 

ⅠA・・・480ページ

ⅡB・・・624ページ

Ⅲ・・・368ページ

 

青チャート


 

ⅠA・・・568ページ

ⅡB・・・687ページ

Ⅲ ・・・451ページ

 

となっています。

これを見ると、青チャートのほうが、けっこう分量が多いのが分かりますね!

青チャートのほうが、レベルの高い参考書ですし、分量が多いのも納得でしょう。

  

黄チャート、青チャートの所要期間の違い

完成までに必要な期間を比較していきます!

上で比較したボリュームから見ていくと、それぞれを完成させるために必要な期間は

 

黄チャート


 

ⅠA・・・1カ月半~2カ月

ⅡB・・・2カ月~2カ月半

Ⅲ・・・1カ月~1カ月半

  

青チャート


 

ⅠA・・・2カ月~2カ月半

2B・・・2カ月半程度

Ⅲ・・・1カ月~1カ月半

 

は、最低限必要になってくるでしょう!

 

黄チャート、青チャートの問題の質を比較

続いては、問題の質についてです!

黄チャート、青チャートの問題の質は、どちらであっても十分高いものになっています。

また、レベル2~3の問題には、共通のものも多いため、「黄チャート」と「青チャート」の両方に取り組もうとするのはおすすめできません!

どちらかの参考書を完璧にすることに努めましょう!

 

志望校別のおすすめチャート式

志望校別の、おすすめチャート式をまとめました!

 

黄チャート


 

黄チャートに取り組むべき受験生は、日東駒専産近甲龍を目指す受験生、MARCH・関関同立・地方国立大学を目指す「数学の苦手な受験生」です

このレベルの大学であれば、黄チャートを完璧にすることで、

十分に数学で合格点を取ることは可能です!

 

しかし、MARCH、関関同立、地方国立大学に限っては、

他に苦手教科があるんです。

というような受験生であれば「青チャート」のほうがおすすめではないかと思います。

 

青チャート


 

青チャートに取り組むべき受験生は、MARCH・関関同立・早慶・難関国立大学(神戸・横国・旧帝大など)志望の受験生です! 

「青チャート」を完璧にすれば、ほとんどの大学の入試問題に対応できるようになります!

 

しかし、この場合でも、

数学だけがめっちゃ苦手です。

数学の配点が低いので、数学には時間がさけない!

というような受験生は「黄チャート」から入っていくのも一つの手です!

 

 

ここまで、青チャートと黄チャートを徹底比較してきました!
自分に合ったチャート式は見つかりましたでしょうか?
この記事を参考に、受験勉強を効果的に進めていってください!

-大学受験, 数学
-

Copyright© とある京大生の日記目録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.