/* * headに挿入するエリアです * モバイルアンカー広告のスクリプト等 */ ?>

ただよび 大学受験 東進

【東進vsただよび】併用もアリ?おすすめは?徹底比較!

更新日:

 

「ただよびの講座を受けてみてるけど、これだけで大丈夫なの?」

「東進だけだと、金銭的にしんどくない!?」

 

そんな悩みにこたえるため

「東進」と「ただよび」について、価格面や、講師の質などの面から、徹底比較していきます!

 

東進の年間の授業料は?

 

東進ハイスクール/衛星予備校は、月謝ではなく、一講座当たりの金額になります!

 

①入学費・・・無料キャンペーンが頻繁に行われているので、実質無料です!(通常期間は33,000円)

②担任指導費・・・33,000円(オンラインコースでは不要)

③講座費・・・1講座 77,000円

④模試費・・・26,400円

 

この他にも、校舎によっては、諸経費が掛かる可能性があります。

 

1年間で、取る講座は人それぞれですが、

だいたい、6講座くらいはとると思うので、

そうなると、少なくとも年間50万円ほどはかかると見込んでおくべきでしょう!

 

ただよびの年間の授業料は?

 

ただよびの授業料は、

「完全無料」

です!

 

講座は、YouTube上にupされているので、誰でも視聴可能です。

登録等も必要ありません。

 

テキストや授業資料も「ただよび」のサイト上に無料で掲載されているため、

テキスト代の心配もありません!

 

東進の講座の受け方

 

東進の講座は、基本的には、校舎で受けることになりますが、自宅受講も可能です。

どちらの場合であっても、受講の前には、あらかじめ予約をしておく必要があるので、

少々面倒かなと感じます。

ただし、「自分で計画的に進めていくのは続かない!」

というような受験生は、担任助手(チューター)に受講状況を管理してもらえるので、

東進がおすすめです!

 

ただよびの講座の受け方

 

ただよびの講座は、全てYouTube上で視聴することができます!

 

そのため、パソコンやスマホさえあれば

いつでも、どこでも講座を受講することができます。

 

また、どの講座からでも受講できるため、

分からないと思った分野があれば、すぐに確認することが可能です!

 

東進の講師の評判は?

 

東進の講師陣は、日本中で超有名な講師が数多く在籍しており、

講師の質は一流です!

 

「現代文の林修先生」や、「数学の志田晶先生」、「英語の安河内先生」等、絶対に見たことのある有名講師が勢ぞろいになっています。

 

 また、講師の数が多く、自分に合った講師を選ぶことができるのも、東進のメリットの一つです!

 

授業料は高額ですが、それに見合った授業の質は約束されているでしょう。

 

 

ただよびの講師の評判は?

 

ただよびは発足したばかりなので、現在の講師は、

英語(森田鉄也)

古文(吉野敬介)

数学(長島豪)

の3人のみです。

 

森田鉄也先生、吉野敬介先生は、昨年まで(2019年度まで)東進に在籍されていた、トップ講師で、

長島豪先生も、駿台で大活躍なされている、大人気の講師です。

そのため、授業の質に問題はないでしょう!

 

しかし、

現在、オーディションが行われており、これからはどんどん講師は増えていくことは予想できますが、

現時点(2020年6月)では、担当されていない教科がまだまだ多いため、

少し物足りない、と言った印象です。

 

また、講座もまだまだアップロードされ切っていないため、発展的な内容を学びたいのであれば、

今のところは、ただよびは活用できないでしょう。

 

逆に、「今から受験勉強を始めるぞ!」といった受験生には、ただよびで勉強を進めていくのがいいと思います!

 

   

比較して分かった、東進とただよびの正しい使い方

 

ここまで、東進とただよびを様々な面から比較してきましたが、

お互いに良い点、悪い点があることが分かっていただけましたでしょうか?

 

そこで、僕は、「東進とただよびの併用」を強くおすすめします!

 

また、参考書による学習もここに組み入れていくことで、より効果的な学習を生むことができるでしょう!

 

具体的にみていくと、

 

基礎レベル・・・英数古はただよびを利用。その他の教科は東進or参考書など

発展レベル・・・自力では難しそうな教科は東進、自力でできそうな教科は参考所学習など

 

このように、取り組むことで、

1つのコンテンツだけで取り組むよりも、

金銭的にも、時間的にも、効率的にも

大きなメリットを生むことができるでしょう!

 

 

まとめ

 

ここまで、「ただよびと東進の正しい使い方」について解説してきました!

 

どのように使うにせよ、最も大切なのは、自分から進んで学習し続けることですので、

そのことを忘れずに、東進、ただよびを利用していってください!

-ただよび, 大学受験, 東進

Copyright© とある京大生の日記目録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.