/* * headに挿入するエリアです * モバイルアンカー広告のスクリプト等 */ ?>

大学受験 英語

英単語帳≪LEAP≫のレベル、いつから?次に何をやるべき?徹底解説【京大生おすすめ】

更新日:

 

LEAPの使い方が分からない!

そもそも英単語帳はどれを使うべきなの?

そんな疑問に答えるため、今回は英単語帳「LEAP」について徹底解説していきます!

 

LEAPのレベルと構成は?

 

まずは、レベルと構成から解説していきます!

 

LEAPは駿台の有名講師「竹岡広信」先生による英単語帳であり、レベルは、英単語帳の中では、標準的な難易度のものとなっています。

 

他に、同じような難易度の英単語帳は、

「システム英単語」や「ターゲット1900」などがあります。

 

LEAPの収録語数は1935語で、これもこのレベルの単語帳であれば適切な量でしょう。

 

そして、特徴の一つとしましては、

 

大きくpart1~4で分割して構成されていることが挙げられます。

 

part1~2は「書ける」「話せる」レベルまで到達したい英単語、つまり、正確に、多義語であれば全ての意味まで暗記しておきたい単語です。

 

part3~4は「読める」「聞き取れる」レベルまで到達したい英単語、つまり、読むことができれば大丈夫であろう、少し難しい英単語となっています。

 

  

収録されている英単語は全て完璧に覚えられればいいのですが、

正直、それは現実的ではありませんよね。

 

そのため、

 

part1~2は完璧に、

part3~4は読めればOK

 

というレベルにまで持っていくことが、現実的かなと思います。

 

まずは、part単位で暗記していくと、効率的に進めていくことができるでしょう!


 

 

また、LEAPは、一つの英単語につき、非常に多くの情報が載っており、大きな特徴の一つとなっています。

 

感覚としては、簡易版の辞書みたいな感じだと思ってくれれば大丈夫です。

 

特に、語法や類義語、対義語についてはかなり詳細に解説されているので、

一つの英単語から派生して、多くの単語を一気に覚えていくことが可能です!

 

 

LEAPの使用時期は?

 

次は、LEAPの使用時期に関してです!

 

LEAPは標準的な難易度の英単語帳ですが、いきなり高校1年生の段階から使い始めるのは少し厳しいかなといった印象です。

 

LEAPに取り組む前には、「シス単ベーシック」や「ターゲット1400」といった入門的な英単語帳を完成させておくことが望ましいです。

 

高校の授業で、基礎的な英単語は結構覚えている!

という学生や、

 

もう高3で、英単語帳を2冊もやる時間はない!

という学生は、

 

いきなり、LEAPに取り組んでみてもいいかもしれません。

 

 

LEAPを完成させるために必要な期間は?

 

続いては、LEAPの完成までの期間の目安を紹介します!

 

LEAPを完成させるには

 

3カ月

 

の期間を目処に取り組んでいくのがいいでしょう。

 

収録単語数も多く、かなり時間がかかってしまうのは仕方がありません。

 

毎日少しづつ、根気強く取り組んでいき、

長くとも半年以内には完成させていきましょう!

 

 

LEAPを使うべき志望校は?

  

最後に、ズバリLEAPを使うべき志望校を答えていきます!

 

ズバリ、LEAPを使うべき受験生はは

 

MARCH、関関同立、早慶、国公立大学を志望校とする全ての受験生です。

 

基本的に、LEAPを完成させれば、

 

英単語を覚えてなさ過ぎて問題が解けない!

 

となる大学はほとんどありません。

 

そのため、この一冊を完成させれば、英単語に関しては十分でしょう。

 

この後は、基本的には、構文解釈や長文の対策に時間を割いていきましょう!

LEAPの次にやる英単語帳は?

 

上記のように、

 

LEAPを完成させた後には、構文解釈や長文問題に取り組んでいってもらいたいのですが、

東大、京大といった最難関大学を目指す受験生にとっては、

LEAPだけでは、不安かもしれません。

 

そのような場合は、英単語帳「鉄壁」に取り組むことをおすすめします!

 

「鉄壁」については、↓で解説しています!

 

-大学受験, 英語
-

Copyright© とある京大生の日記目録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.